粗大ゴミ回収の気を付けるべき点

粗大ゴミ回収の気を付けるべき点 家庭からの粗大ゴミは住んでいる自治体によって様々なルールがあります。
住んでいる各市町村が収集してくれることになっています。
しかし、家電製品の中には家電リサイクル法という法律で、小売りする業者は排出者からの引き取りと製造業者への引き渡しを、製造者は引き取りとリサイクルを義務付け毛ています。
家電リサイクル法は正式には特定家庭用機器再商品化法といい2001年より施行されています。
この法律では、エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、衣類乾燥機などが指定されており、排出者は小売業者や製造業者に料金を払い処理してもらうことになります。
したがって各市町村の行っている粗大ゴミ回収は利用できません。
その他の粗大ごみは自治体の粗大ゴミ受付センターに申し込み、料金を払い、指定された収集場所に置くか持ち込みします。
費用は粗大ごみの大きさにより違いがあり、大きくなるほど高くなります。
すぐ処分したいと思っても、決まった日程があるためすぐに回収してもらえない場合もあります。
回収日は自治体の広報で公開されているはずですから、日程に余裕を持たせて申し込みする必要があります。
自治体以外で不用品を引き取ってくれる回収業者も多くありますのでそちらを利用するのも一法です。
粗大ゴミ回収の一般業者は自宅に来てくれ搬出も行ってくれるので大変便利です。

粗大ゴミ回収業者の選び方のコツ

粗大ゴミ回収業者の選び方のコツ 引っ越しや買い替えなどで不用になった家具や大型家電の処理は、簡単ではありません。
そこで近年利用者が増えているのが不用品回収業者です。
自宅まで回収に来てくれて、業者によっては不用品の買い取りも行ってくれますが、料金や回収方法を巡ってのトラブルも多く発生しています。
余計なトラブルに巻き込まれないためにも、安心、安全な粗大ゴミ回収業者を選ぶコツを押さえておきましょう。
まず、業者がきちんと行政の許可を得ているかを確認しましょう。
粗大ゴミ回収には必ず自治体の許可が必要です。
この許可が無いのに回収を行っていたら、それは違法業者です。
ホームページを持っている業者なら記載があるはずですし、ホームページが無い場合も質問して確認しておくと良いでしょう。
また、料金形態にも注意が必要です。
回収業者とのトラブルで最も多いのが料金トラブルです。
事前に説明のない高額な追加料金を請求されたり、強引に作業を進めてから高額な料金を請求し、断ると恫喝してくるといった悪質な業者も存在します。
回収費用だけの見積もりを作り、後から人件費や交通費などを上乗せされるといったケースもありますので、事前にきちんとした見積書を提示し、その内わけも丁寧に説明してくれる業者は信頼度が高いと言えます。
領収書を発行してくれるかどうかも依頼の際に訊ねると良いでしょう。
費用の安さだけにとらわれず、信頼して任せられる業者かどうか、しっかり見極めたいですね。