粗大ゴミ回収の料金のしくみ

粗大ゴミ回収の料金のしくみ 粗大ゴミ回収業者に、ゴミを回収してもらう場合には料金が必要になってきます。
その料金は、数千円から数万円とまちまちです。
でも、平均的には、一つあたり、1,000円から5,000円くらいで回収をしてもらえます。
また、会社によってはプラス基本料金が必要になったり、解体作業費とか階段料金などが別途かかることがあるので注意が必要になります。
粗大ゴミ回収業者に依頼をするときの料金のしくみはこのようになっています。
冷蔵庫を処分してもらう場合には、回収料金が5,000円から10,000円となってきますし、全自動洗濯機を処分してもらう場合にも、5,000円から10,000円必要になってきます。
コタツは、4,000円くらいで回収をしてもらえますし、空気清浄機の場合は1,500円くらいで回収をしてもらえます。
ダイニングテーブルになると少し大きいので、5,000円から10,000円の回収費用が必要になってきます。

料金形態は大きく分けて2パターン

料金形態は大きく分けて2パターン 可燃ゴミとして処分できないものはすべて粗大ゴミとして処分しなければなりません。
ソファなどの大型家具だけでなく、傘や収納ボックスなども粗大ゴミになってしまいます。
粗大ゴミを処分するためには、自治体などに処分費用を払う必要があります。
粗大ゴミ回収の料金形態は、大きく分けると2パターンあります。
1つは、自治体が定める回収日に近くのゴミ集積所で引き取ってもらうという方法です。
ほとんどの自治体では、粗大ゴミに専用の有料シールを貼ることをルール化しています。
粗大ゴミの種類や大きさに合わせて、必要な枚数分のシールを貼るという仕組みです。
シールはコンビニなど近隣のお店で売られているので、手間のかからない方法です。
粗大ゴミ回収をより安く済ませるには、自治体のゴミ処理場に持ち込むという方法もあります。
持ち込んだゴミの重さに応じた処分費用が決まりますが、シールを貼って回収してもらうよりも割安なので、粗大ゴミの量が多いときにおすすめです。